ウォーキングで健康に

ウォーキングで下半身から健康に

健康寿命を保つウォーキング運動

健康は足元からというように、下肢の筋力が衰えると、転倒しやすくなりケガや骨折の原因となってしまいます。また、活動量が低下することで、閉じこもりがちになり、気力も失い、さらに筋力が低下するといった負のスパイラルに陥ってしまいます。これを回避するための簡単な運動方法として、ウォーキングがあります。専門的な器材や道具は必要なく、お金もかかりませんし、思い立った時にお手軽に行うことができます。また、早歩きで1日30分程度ウォーキングを行えば、血流が増加し、認知症の予防になるとも言われています。健康寿命を延ばすためにも、運動を習慣化しましょう。

運動すると体に良い事が有る

「健康の為に運動しましょう」って良く聞きますが一体どんな効果が有るのでしょうか。まず体を動かして汗をかく事で脳内物質が活性化するようになり、ストレスを和らげてくれる効果が生まれます。また適度な疲労感などから睡眠不足の改善やアルコール、食べ過ぎなどの依存症の改善にも繋がります。その他にもジョギングや水泳などの有酸素運動を行う事で脳が活性化する事により、記憶力が良くなったり認知症の予防にもなると言われています。体内ではその他にも血液の循環が良くなる事で、薄毛の予防にもなると言われています。その様に体を動かす事で心と体の健康に繋がって行くのです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 日々の運動の習慣づけで健康に All rights reserved